印紙 代 一覧。 法務省:登記手数料について

建設工事請負契約書の印紙税の軽減措置|国税庁

代 一覧 印紙

⚡ 参考 平成9年4月1日から平成26年3月31日までの間に作成された建設工事の請負に伴って作成される請負契約書のうち、記載金額が1千万円を超えるものは、課税物件表の規定にかかわらず、次表のとおりとなります。 名称が「契約書」「契約請書」ではなく「覚書」だからといって、該当しないわけではありません。

7

領収書の収入印紙金額一覧

代 一覧 印紙

💔 この契約書に記載された契約金額は55,000,000円(建物建設工事代金50,000,000円+設計請負代金5,000,000円)ですから、印紙税額は30,000円になります。 この課税文書とは、次の三つのすべてに当てはまる文書をいいます。 運送に関する契約書(傭船契約書を含む) 第1号文書の印紙税額は以下の通りです。

領収書の収入印紙金額一覧

代 一覧 印紙

👆 この場合、「金銭を受け取った証書」として相手に渡すことになるので印紙税額一覧表の「第17号文章」(参考)に該当し、印紙税が課税されることになります。 金額変更時は差額がわかるように、元の金額と変更後の金額を明記することが節約の第一歩です。 まず、実費として発生する印紙代について、ご説明をします。

13

収入印紙 金額 一覧表

代 一覧 印紙

⚑ (例)売買取引基本契約書、特約店契約書、代理店契約書、業務委託契約書、銀行取引約定書等 4千円 8 預金証書、貯金証書 200円 主な非課税文書:信用金庫その他特定の金融機関が作成するもので記載された預入額が1万円未満のもの 9 貨物引換証、倉庫証券、船荷証券 (注)• 契約金額 本則税額 軽減後の税額 不動産譲渡契約書 建設工事請負契約書 10万円超え50万円以下のもの 100万円を超え200万円以下のもの 400円 200円 50万円を超え100万円以下のもの 200万円を超え300万円以下のもの 1,000円 500円 100万円を超え500万円以下のもの 300万円を超え500万円以下のもの 2,000円 1,000円 500万円を超え1千万円以下のもの 10,000円 5,000円 1千万円を超え5千万円以下のもの 20,000円 10,000円 5千万円を超え1億円以下のもの 60,000円 30,000円 1億円を超え5億円以下のもの 100,000円 60,000円 5億円を超え10億円以下のもの 200,000円 160,000円 10億円を超え50億円以下のもの 400,000円 320,000円 50億円を超えるもの 600,000円 480,000円. 1 一覧払のもの•。 従業員へ給与を支払った場合に従業員から受け取る領収書については、第17号文書として課税の対象になりますが、印紙税法第三条では印紙税の判断を「課税文書の作成者」という表現にしていますので、従業員視点で営業活動か否かを判断することになります。 また、印紙を貼る必要がない「電子契約」への移行も検討してみましょう。

1

No.7140 印紙税額の一覧表(その1)第1号文書から第4号文書まで|国税庁

代 一覧 印紙

⚠ 200円 非課税文書:船荷証券の謄本 10 [保険証券] 200円 11 [信用状] 200円 12 [信託行為に関する契約書] 注 信託証書を含みます。 一覧払のもの• 印紙税が課税されるのは、印紙税法で定められた と呼ばれるものです。 不課税文書は「委任契約書(無報酬)」「使用貸借契約書(無報酬)」「雇用契約書」「秘密保持契約書」「ソフトウェア利用許諾契約書」などが該当します。

11

請負契約

代 一覧 印紙

✇ 株券等の譲渡代金、保険料、公社債及び預貯金の利子等は売上代金から除かれます。 注 2 振出人の署名のない白地手形(手形金額の記載のないものは除きます。 「変更契約書」「変更確認書」などといった名称が使われることもありますが、実質的に効力に違いはありません。

15

産業廃棄物の収集運搬・処理の委託契約書に貼付する印紙税額 チェックシートと一覧表

代 一覧 印紙

🌏 非課税文書: 身元保証ニ関スル法律に定める身元保証に関する契約書 200円 14 [金銭又は有価証券の寄託に関する契約書] 200円 15 [債権譲渡又は債務引受けに関する契約書] 記載された契約金額が 1万円以上のもの 200円 契約金額の記載のないもの 200円 非課税文書: 記載された契約金額が1万円未満のもの 16 [配当金領収証、配当金振込通知書] 記載された配当金額が 3千円以上のもの 200円 配当金額の記載のないもの 200円 非課税文書: 記載された配当金額が3千円未満のもの 17 [売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書] 注 1 売上代金とは、資産を譲渡することによる対価、資産を使用させること 当該資産に係る権利を設定することを含む。 当事者の間において課税事項を証明する目的で作成された文書であること。 なお、これらの契約書に該当するものであれば、建設請負の当初に作成される契約書のほか、工事金額の変更や工事請負内容の追加等の際に作成される変更契約書や補充契約書等についても軽減措置の対象になります。

17

領収書に貼る収入印紙は200円?400円?非課税の要件など徹底解説

代 一覧 印紙

💖 3 約束手形又は為替手形 (注)• 手持ちの印紙を売った場合(相手先に印紙の持ち合わせがなく、こちらが持っている印紙を売り渡す場合等)は、非課税売上ではなく、課税売上として処理する必要がありますが、顧客や外交員の利便のために実費で印紙を融通する行為は、単なる立替えであり、不課税取引となります。 記載された手形金額が 10万円未満 非課税 100万円以下 200円 100万円を超え200万円以下 400円 200万円を超え300万円以下 600円 300万円を超え500万円以下 1千円 500万円を超え1千万円以下 2千円 1千万円を超え2千万円以下 4千円 2千万円を超え3千万円以下 6千円 3千万円を超え5千万円以下 1万円 5千万円を超え1億円以下 2万円 1億円を超え2億円以下 4万円 2億円を超え3億円以下 6万円 3億円を超え5億円以下 10万円 5億円を超え10億円以下 15万円 10億円を超えるもの 20万円 上記のうち、• 運送に関する契約書 (注)運送に関する契約書には、乗車券、乗船券、航空券及び運送状は含みません。 なお、営業に関しない金銭又は有価証券の受取書は、非課税となっています。

収入印紙(印紙税)一覧表

代 一覧 印紙

☕ (例)建物の譲渡(4千万円)と定期借地権の譲渡(2千万円)に関する事項が記載されている契約書の場合、その契約金額は6千万円(建物4千万円+定期借地権2千万円)ですから、印紙税額は3万円となります。

8