畑野 君枝。 第203回国会 憲法審査会 第4号(令和2年12月3日(木曜日))

政策と訴え

君枝 畑野

🤔 加害者の共通点として、特権意識や女性を見下す意識などを持っていることを挙げた上で、加害者を教育し変えるための対策の重要性を説明しました。

11

畑野君枝の卒業・出身高校

君枝 畑野

🤟 これまで憲法違反を重ねてきた安倍政権がさらに進めようとしている憲法改正とりわけ第9条改正への反対。 すでに「不登校ゼロ」などの数値目標が導入され、子どもと親を追い詰めているとして、「性急に『教育機会の確保』を迫ることは、子どもの成長・発達を傷つけ、子どもと親を今以上に追い詰める危険性がある」と述べました。

16

畑野君枝

君枝 畑野

🤩 そんな場合に、子供にまず必要なのは何か。 私の問題意識は、まず、内容が余りにも永田町的に玉虫色であって、何が決まったのかわからないので教えてくださいということです。

9

政策と訴え

君枝 畑野

🤝 こういう手続になっているということを御理解いただきたいというふうに思います。 現在、日本共産党中央委員、党神奈川県副委員長。 この案は、その内容におおむね問題はないのではないかとの見方が述べられていますが、それでも、憲法改正に係る国民投票という極めて重大な国民の意思表出の方法を規定するものでありますので、かなり慎重な議論はやはり必要ではないかと思います。

10

第203回国会 憲法審査会 第4号(令和2年12月3日(木曜日))

君枝 畑野

🤛 いずれにしても、各都道府県及び市町村におきまして、地域の実情に応じて検討していただき、協議会の構成員をお決めいただきたいと考えております。 国の定義では何らかの心理的負担とありますが、法案では、学校における集団の生活に関する心理的負担と、あたかも不登校の子供は集団の生活に心理的負担を感じる子供だと言える表現になっております。

7

畑野君枝の卒業・出身高校

君枝 畑野

😋 こうした生殖補助医療などについても、ある意味、国民的なコンセンサスを得てということも必要なのではないかと昨日思いまして、もう一つ宿題がありますので、こうしたことについてもぜひ今後取り上げていただきたいということを申し上げまして、発言とさせていただきます。 与野党の筆頭間協議で徹底して詰めに詰めて、そして、現場では合意している、また、現場でのやりとりがそれ以上の判断を求められることになったときにそれぞれ党に上がっていく、そのプロセスの中で今回のことが起きた。 公立夜間中学でフォローし切れない人が通う自主夜間中学への今後の支援、施設利用費免除措置などを行う必要があるのではないかと思いますが、いかがですか。

10