マクラーレン 765lt。 最新ロングテール「マクラーレン 765LT」、2020年9月末からデリバリーをスタート

マクラーレン765LT 内装・外装など51枚 【画像・写真】

765lt マクラーレン

🤔 パワートレインとシャシーは、トラック・モード。

765馬力、最高時速330キロのモンスターマシンが上陸! マクラーレン 765LTが日本初公開

765lt マクラーレン

😒 スロットル操作で、これほど穏やかなオーバーステアに持ち込めるロードゴーイング・マクラーレンは初めて。 リアミドに縦置きされる4リッターV8ツインターボエンジンは720Sを45PSと30N・m上回る最高出力765PS、最大トルク800N・mを発生。

5

【4つの証言】マクラーレン765LT 動画で迫る、“もっとも刺激的なロングテール”と呼ばれるワケ

765lt マクラーレン

⚓ ハイブリッド・パワートレインに関するエンジニアリングの専門性を結集した「HPH」は、半世紀以上におよぶレーシングカーとロードカーにおけるマクラーレンの知識、経験、そしてエンジニアリング技術を生かして開発。

1

マクラーレン、新型ハイパフォーマンスハイブリッド「アルトゥーラ」

765lt マクラーレン

😄 その更新頻度は速いので、YouTubeサイトに登録して追いかけるのも1つの手だ。 8mmの薄さを実現している。

【新ロングテール登場】マクラーレン765LTを撮影 765psの新型モデル スペック/内装は?

765lt マクラーレン

❤️ トランスミッションには7速SSGを採用し、駆動方式は2WD(MR)。

3

最高時速330kmの究極マシン! マクラーレン 765LTが受注を開始|価格は4450万円~

765lt マクラーレン

👀 それはドライブ中にエンジンを見ることができる、そしてサウンドを楽しむという言葉に置き換えてもよいのだろう。

19

765馬力、最高時速330キロのモンスターマシンが上陸! マクラーレン 765LTが日本初公開

765lt マクラーレン

🤫 フロントスプリッターやフロントバンパー、フロントフロア、サイドスカート、リヤバンパー、リヤウイング、リヤディフューザーはもとより、ライセンスプレートのホルダーさえカーボンファイバーを使用。 (webCG) 関連キーワード: , ,. 乾燥重量1299kgのボディを765ps&800Nmで推進 心臓部に搭載するのは720Sに搭載する4. 生産台数はわずか765台。 透明パネルを備えたCピラーとリヤスクリーンには軽量なポリカーボネートを使用している。

9

【喜びを追求したスーパー・シリーズ】マクラーレン765LTへ試乗 セナに迫る765ps 後編

765lt マクラーレン

😇 8mmの薄さを実現している。

マクラーレン、ロングテール第3弾となる「765LT」日本初公開

765lt マクラーレン

✔ LTシリーズに新しい幕開けをもたらす765LTは、765台の限定モデルとなる。

17